今日のカウンセリング 2004年 12月

*カウンセリングってどうゆうこと?

最近よくクライエントさんから聞かれるのですが、

「カウンセリングってどうゆうことですか?」

これには、答えがあってない様なのであります。

よくそんな無責任な事が言えますね、と、

お叱りを受けそうなんですが、少し弁明させてください。

まず、カウンセリングとは、お説教でもないし、

自分(私)の価値観や、生きかたを押し付けるものではないからです。

但しモデリングというものがあり、

ある程度の型というものは、参考にしてもいいでしょう。

百人、人間がいれば、百とおりの生きかたがあり、

千人いれば、千人の生きかたがあります。

しかも、各々の生きかたにも、沢山の多様な選択肢があります。

なので「あなたの進む道は、これしかない」とは一概に云えないのです。

クライエントさんの中には、

「先生、どうしたら、いいのでしょうか?」という具合に、

直ぐに答えを欲しがる方がおられますが、

それではカウンセリングにはなりません。

例え話をすると、土にタネをまいて芽が出て、

木になるまでには、相当な時間がかかります。

その間に、台風や山火事に遭うかもしれません。

それでも、なんとか大木になり千年以上、生きてる木もあります。

心の傷を癒したり、心が成長する為というのは、

とても時間のかかる作業なのです。

「ローマは一日にて成らず」という諺にもありますように、

何十年も、かかって受けてきた、そして持ち続けた「こころの傷」は、

一瞬にて消滅するなんて事はないのです。

いずれにしても、カウンセリングとは、

カウンセラーとクライエントの共同作業です。

自動車免許を持っておられる方は、わかると思いますが、

教習所で仮免など受けて路上に出たとき、とても不安を感じるでしょう。

この時の教官はカウンセラー(先生)であり、

路上教習者はクライエント(相談者)であります。

カウンセラーは教習者が暴走しないように、横でブレーキをかけたり、

右折の仕方などを注意深くみて助言します。

そして人生という道を悪路であろうと共に駆け抜けていくのです。

そもそも、人間には悩みを、自分自身で解決する能力を持ち合わせており、

カウンセラーは、その力を引き出す作業をするだけです。




今日のカウンセリング 2004年 11月

*なりたい自分になるには

先日、私は高校の同窓会に行ってきました。

20年ぶりに会った友人のみんなには、とても懐かしさを感じました。

それと同時に思ったのは、周りにいる友人も自分も、

時代と共には、あまり変化しないものだということです。

これは、表現方法に語弊があるかもしれませんが、

人間は10〜20年スパン単位では変わらないのでは、

ないかということです。(生や死を除いてのお話です)

いや自分は、ここ数年で変化した、といわれる方が、

いらっしゃるかもしれませんが、それは生活環境が変わっただけで、

自分自身の中身までは変わってないでしょう。

そんな事が起きれば人格変容ということになるでしょう。

同窓会の話に戻りますが、○○大卒で○○会社に就職し、

○○と結婚し○○という子供が出来・・・

こうゆう会話が限りなく続きます。

皆がそれぞれの個人に、それぞれの大人になっていました。

私は、ふと「なりたい自分になる」というのは、

どうゆうことなのか、という事を考え始めました。

これは考えると、とても難しい作業だという事がわかります。

心理学でいうところの「自己実現」ですね。

最近この言葉はマスコミなんかでも、よく取り上げられています。

では、何が自己実現なのか?という詰問が、自分自身に降りかかってきます。

中には、出世してお金持ちになり、名声を得る事が、

自己実現だと考える方もおられるようです。

私が思いますに、そんなものは墓場に持っていけないし、

死んでしまえば全て無くなってしまうような気がします。

それよりも、「自分はどう生きたか」が最も重要なファクターであり、

例え平凡な人生でも、各々が目標や夢を持ち続けること、

また自分自身の運命に翻弄されることなく、それに突き進むこと。

そして人様にそうした自分の生き様を見せる、

後世にその生き方を伝える事が、人としての役割だと感じています。

では自己実現というところの、なりたい自分になるには、

どうすればいいのでしょうか?と皆さんは思うでしょう。

一つは自分の中に宿るイマジネーションの力を借りる事でしょう。

私は、いつも相談に来られるクライエントさんに、こう言っています。

「なりたい自分を想像してごらん」

「なりたい自分は自分の中にいる」

「なりたい自分は、なりたい自分を連れてくる」

皆様も、もう一度、自己実現そして、なりたい自分について、

深く洞察されてみてはいかがでしょう。



今日のカウンセリング 2004年9月

*人生はマラソンのように

アテネオリンピックも終わり、まだまだ暑いですが、

9月に入り、秋が、深々と近づいて来てますね。

私は先日、朝散歩に出かけると秋一番の風を感じました。

とても「さわやか」でした。

ところでアテネオリンピックも、いろいろな感動があり楽しませていただきました。

日頃、あまりTVを見ない私も、少しだけハイライトシーンの部分をTVで見ました。

その中で特に印象的だったマラソン選手のお話を書きます。

報道によると事件の起こりはこうです。

------------------------------------------------------------------------
29日、最終日に行われた男子マラソンで、トップを走っていたバンデルレイ・
デリマ(ブラジル)が沿道から飛び出した男性に抱きつかれ、歩道に押し出され
てストップするという、前代未聞のハプニングが起こった。デリマ選手はその後
レースに復帰したが、大きくペースを乱し、ステファノ・バルディニ(イタリア)
らに抜かれ、3位に後退。結局、銅メダルを獲得した。
------------------------------------------------------------------------

というニュースです。

これが、もし普通の人だったら、どうなっていたでしょう。

もし通常の心性なら、その場で、うずくまって立ち上がれないのではないでしょうか?

心臓がフル回転している時に急停止した状態というのは、

肉体以上に、計りしれない精神的ダメージが甚大です。

ましてや大観衆の前では尚更ではないでしょうか。

このブラジルの選手は、それにも、めげず、ひたすら自分の勝利を信じて続走しました。

そのスポーツスピリットが素晴らしいと思います。

結果は3位に終わりましたが、突如、表れた妨害者にも恨まず、

ブラジルの選手は「アテネよありがとう、走れたことに感謝しています」

と笑顔で答え、この選手の、さわやかな人間性が表れてます。

人生はよくマラソンに例えられます。途中にこのような障害が沢山あり、

倒れることも、しばしばでしょう。

でもそこから、何度でも起き上がって走り続ける事こそ、大事なのではないでしょうか。

「大地に倒れた者は大地に手をついて起き上がる」という格言があります。

人生には様々な困難、悩みがついてまわるが、それをものともせず、

ゴール(つまり臨終の場)では、本当に笑顔で「私の人生よ、ありがとう」と

言える事が人間としての生き方ではないでしょうか。

今、病気、経済苦、人間関係等で悩んでる方は多いですが、

長い目で見れば一つの過程に過ぎないのではないかと思います。

自分に果たされた様々な障害を乗り越えて、

いつの日か勝利のゴールを目指したいものです。



文責 藤永英治(ふじながえいじ)

copyright(c) by eilay 2008 fujinaga counseling room all rights reserved.